栽培技術 ニュース詳細

2020.03.26 
新技術をわかりやすく 標準作業手順書を公表 農研機構一覧へ

 農研機構は、農業界と農業者に広く使ってもらいたい研究成果をまとめた「標準作業手順書」(SOP)を作成し公表した。

 SOPは、新技術の優位性と導入時に必要な手順や留意点を分かりやすく解説し、具体的な手順や導入例、効果などを記載している。今回は、「デジタル土壌図」、「1kmメッシュ農業気象データシステムの利用と応用」の2件を公表した。

 「デジタル土壌図 標準作業手順書」は、パソコンやスマートフォンから、日本全国の農耕地の土の種類と特長が無料でわかり、その使い方と特徴、留意点について解説。

 「1km メッシュ農業気象データシステムの利用と応用 標準作業手順書」は、全国の日別気象データを、約1km 四方単位で整備し、専用表計算ソフトによりデータを取得し、計算やグラフ化ができる。
 いずれも、農研機構のウェブページからダウンロードして活用できる。

 

(参考WEBサイト)
【農研機構:SOPの一覧】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ