想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

スマート農業関連サービスのルートレック・ネットワークスに出資ーJA三井リース2020年6月25日

一覧へ

JA三井リース(株)は、人工知能(AI)潅水施肥システム「ゼロアグリ」や農業データ利活用サービスを手がける(株)ルートレック・ネットワークスに資本参加した。JA三井リース(株)は、スマート農業により生産者の所得向上を目指す(株)ルートレックへの出資により、「地方創生・地域活性化に向けた農林水産業の成長に資する取り組み」に貢献していく考え。

JA三井リースロゴ.jpgJA三井リース(株)は、農林漁業生産者向けのファイナンスリースだけでなく、農機シェアリングサービスや新規就農応援プログラム「スタートアップサポート」など、生産現場に向けて金融の枠組みを超えたソリューションサービスを提供し、農林水産業の成長を支援してきた。

一方、ルートレックは潅水施肥作業を完全自動化できるAI潅水施肥システム「ゼロアグリ」の開発・販売、サブスクリプションビジネスを通じた農作業効率化、生産者の収益向上に寄与するスマート農業に関しソリューションを提供している。

これらを背景に、JA三井リース(株)はIoT、AI、ロボティクスなどによるスマート農業の導入促進と担い手育成など、地域営農の発展に寄与し地方創生・地域活性化に向けた農林水産業の成長を後押しすることを目的に、(株)ルートレックへの出資を決定したもの。

JA三井リース(株)は、持続可能な社会の実現のため既存の枠組みを超え様々なビジネスパートナーとの協働を目標に掲げる。

農林水産業においては、スマート農業推進や地方創生・地域活性化、循環共生型社会の構築などの実現に資する取り組みを重要施策に位置付けている。

今回の出資を契機にJA三井リース(株)は、「スマート農業の普及」「次世代の生産者・後継者育成」「循環共生型社会の構築」を目指していく方針だ。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る