Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

福島県の畑の再生と復興願いオーガニック綿入りの手ぬぐい発売 アバンティ2020年7月9日

一覧へ

オーガニックコットンを使ったオリジナルブランド「PRISTINE(プリスティン)」を提案する(株)アバンティは、「オーガニックコットン国産茶綿入り手ぬぐい」(税込2200円)を発売した。

発電所外観オーガニックコットン国産茶綿入り手ぬぐい

プリスティンの「手ぬぐい」は、東日本大震災以降耕作されていない福島県の畑の再生と復興を願い、農家をはじめとする多くの人々が種を蒔き、草をとって収穫したオーガニックコットンの茶綿が入っている。茶綿づくりを始めて8年目で、現在使用割合5%にとどまっている茶綿全てで手ぬぐいを作ることを目指している。

手ぬぐいには、アーティストの蒲原みどりさんが手がけた野山の風景が描かれている。プリスティンとのコラボレーションによる着物に描かれた「野あざみ」を手ぬぐいにも応用した。デザインは「野あざみそよぐ」「野あざみゆれる」「野あざみよりそう」の3種類を採用した。

プリスティンは、塩害にも強い綿を有機栽培で育て、収穫されるコットンを製品化・販売する一連の取り組みを通じ、地域に活気と仕事を生み出すことを目的としている。福島県から新しい農業と繊維産業を創出したい考えだ。

東日本大震災以降、福島県では風評被害から生産者が農業を断念したり、農家の後継者不足などにより遊休農地・耕作放棄地が年々増加し続ける傾向にあった。

食用でなく塩害にも強い綿を有機栽培で育て、収穫されるコットンを製品化・販売する一連の取り組みで、地域に活気と雇用を生み出していく方針だ。


福島県で取り組みが進む茶綿づくり福島県で取り組みが進む茶綿づくり

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る