想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業用水を用いた渇水予測手法を開発 農研機構2020年10月14日

一覧へ

農研機構は10月12日、渇水の予測や農業用水の利用に関する気候変動への適応策の検討に用いることができる流域水循環のシミュレーションモデルを開発したと発表した。

開発した予測モデルは、流域の自然的な水の流れとダムや取水堰、用水路による水利用・管理による人為的な水の流れのデータを解析。これにより、渇水時の河川流量を高精度で計算することができる。この成果は、農業用水の利用の計画主体である地方農政局(土地改良調査管理事務所)や水資源機構、地方自治体等の行政機関が、現在から長期的に農村地域で起こる可能性のある渇水予測への利用も可能とした。

また、地球温暖化による降水・融雪の変動といった自然環境の変化による渇水強度の変化も予測可能で、気候変動適応法により義務づけられた気候変動への適応計画の策定にも活用できるとしている。

今後は農業水利施設の整備に役立てられるよう、流域ごとのより詳細な予測を行う予定。同モデルを用いて、ダムから放流する水の量や取水堰から農業用に取水する水の量を調整することで、地球温暖化の水資源への影響を小さくする方法の開発につなげていくとした。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る