想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「第4回カボチャ研究会」をオンラインで開催へ 農研機構2021年1月14日

一覧へ

農研機構はカボチャの生産振興に向けた取り組みを紹介するセミナー「第4回カボチャ研究会」をオンラインで2月8日に開催する。

北海道では担い手の高齢化や人手不足により、省力的に管理できる作物の一つとしてカボチャの導入が進んでいる。これまでカボチャ研究会では、最新の品種紹介をはじめ、収穫機械開発の取り組みや道内主要産地の生産状況、輸出・流通などの情報提供を行い、カボチャの生産振興に向けて今後の活動について議論を重ねてきた。

今回のセミナーでは、流通における損失軽減につながる貯蔵や腐敗問題を中心に講演する。

【第4回カボチャ研究会概要】
〇開催日時:2月8日(月)

〇開催方法:オンライン(Microsoft Teamsを利用したウェブ会議)

〇主催:農研機構 北海道農業研究センター

〇対象:生産者、企業、JA、大学・公設機関および農研機構のカボチャ研究関係者他

〇定員:250人

〇参加費:無料

〇参加申し込み:参加申込書に必要事項を記入の上、メールで送付する

〇申込締め切り:2月4日(木)定員に達した時点で締め切る

【内容(敬称略)】
〇挨拶:農研機構 北海道農業研究センター所長 安東郁男氏

〇「北海道におけるカボチャ生産の現状と課題および方策について」 北海道農政部生産振興局技術普及課 主査(普及指導)大平誠氏

〇「カボチャの栽培技術に関する試験紹介」 ホクレン 農業総合研究所 作物生産研究部園芸作物開発課 内藤洋太氏

〇「カボチャの貯蔵・流通に関する研究紹介」 ホクレン 農業総合研究所 食品検査分析センター 食品流通研究課 印南亨哉氏

〇「糸状菌によるカボチャの貯蔵腐敗に関する研究紹介」 ホクレン 農業総合研究所 営農支援センター営農技術課 清水遥人氏

〇「フザリウム果実腐敗病について(今わかっていること)」 農研機構 西日本農業研究センター 生産環境研究領域 病害管理グループ 川上顕氏

〇「カボチャのつる枯病による貯蔵腐敗低減のための通風乾燥技術」 北海道立総合研究機構 上川農業試験場 生産技術グループ(病虫)新村昭憲氏

総合討論 (閉会挨拶含む)

【申し込み・問い合わせ先】
農研機構 北海道農業研究センター 地域戦略部 事業化推進室(担当:八木)
〇TEL:011-857-9414 電子メール : hokkaido-kenkyukai@ml.affrc.go.jp

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る