Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「ひろしま型スマート農業プロジェクト」をスタート 参加企業など募集 広島県2021年4月28日

一覧へ

広島県は、農業分野でのDXの一環として、収益性の高い経営モデルを確立する「ひろしま型スマート農業プロジェクト」を開始。中山間地域が大半を占める同県の生産環境に適応するために導入が見込まれる3つのテーマを選定し、一緒に実証プロジェクトに取り組む企業などを募集する。

実証プロジェクトの概要実証プロジェクトの概要

同プロジェクトは、実証費用を県が支援し、県内農業者の畑を実証フィールドとしてデータを収集しながら技術をカスタマイズし、最長3年間の取組で経営モデルを確立する。

公募する実証プロジェクトのテーマは(1)ほうれんそう及びこまつなの栽培から販売までの効率的な一貫体系の構築、(2)カット用青ねぎの露地野菜における効率的な一貫体系の構築、(3)ぶどうの大規模経営の実現に向けた効率的な作業体系の構築、の3テーマ。公募対象は、スマート農業の技術を持つ全国の企業など。または、これらで組織されたグループ。

公募期間は5月19日まで。審査結果は6月9日に発表し、実証プロジェクトは6月下旬から開始する。公募内容は公式サイトの「令和3年度ひろしま型スマート農業推進事業に係る参加企業の募集」で公表。

【令和3年度ひろしま型スマート農業推進事業に係る参加企業の募集】

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

イソクラスト:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る