Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
全農ビジネスサポート:センター上:PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

農業ロボット開発で「日経ソーシャルビジネスコンテスト」優秀賞受賞 AGRIST2021年5月7日

一覧へ

AGRIST(宮崎県児湯郡新富町)の展開するアイデア・ビジネスモデルが、3月6日に開かれた日経ソーシャルビジネスコンテストで優秀賞を受賞。コロナ対策として非接触型ロボットで持続可能な農業を実現する点などが高く評価された。

農業ロボット

ソーシャルビジネスの裾野拡大を目的として、新たな社会課題解決のビジネスアイデアを生み出す企画として始まった同コンテストは、SDGsをテーマに、社会課題を解決する優れたアイデア・ビジネスモデルを展開する企業が表彰される。同社が提供する農業ロボットは、高齢化が進む農業の現場でニーズが高まっていることや、開発が進んで事業性も高い点が認められた。

アグリストは、農業の収穫の担い手不足の課題をAI(人工知能)自動収穫ロボットで解決するベンチャー企業。国のスマート農業実証プロジェクトの認定されており、2020年からロボットの販売を開始した。ENEOSホールディングスを中心に資本業務提携するなど、100年先も続く持続可能な農業の実現に向けて取り組んでいる。

受賞にあたり同社代表取締役の齋藤潤一氏は「受賞する過程でメンター、事務局の皆様、そして審査員の皆様に多大なるご助言を頂いた。ここで得た知見を生かして世界の課題を解決できるようなベンチャーへと成長していきたい」と話した。また、ビジョンの達成に向けて、ロボットエンジニア100人の採用活動も進めるという。

ロボット開発者の高辻氏(左)と代表取締役の齋藤氏ロボット開発者の高辻氏(左)と代表取締役の齋藤氏

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る