Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

Wi-Fiメッシュで広域なぶどう畑のWi-Fi化を実現 PicoCELA2021年5月26日

一覧へ

PicoCELA株式会社(東京都中央区)は、同社が開発した広域なぶどう畑のWi-Fi化を実現するソリューション「PicoCELAのWi-Fiメッシュ」が安心院葡萄酒工房(大分県宇佐市)に導入されたことを発表した。

広域なぶどう畑に自動散水システムを導入広域なぶどう畑に自動散水システムを導入

安心院葡萄酒工房では、ほ場から配線が来ているワイン販売等の施設までは100メートルほど離れており、通信には広域のWi-Fiネットワークを構築する必要があった。広いぶどう畑に自動散水システムを導入するため、広域なエリアをカバーし、温度差の激しい気候でも対応する屋外で使用可能なWi-Fiを探していたところ、農業用車や人の往来でなかなか配線工事ができない環境でも配線がなくても使える「PicoCELA」がマッチ。さらに、防塵防水対応もあり、ブドウ栽培に適した激しい温度変化にもマイナス20~55度まで対応していたことが採用のポイントとなった。取り付けの際は、アタッチメントが充実しており壁面やポールにも設置できる。

同工房では、これまで冬場も現地に行ってこまめに手動で散水していた。夜間出動のため待機する人員が必要で、夜間の運転、農地での作業と危険もあったが、PicoCELAと自動散水システムの導入により、省人化と作業リスクの軽減に役立ったという。

自動散水装置自動散水装置

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る