Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

室内の鉢植えバラを美しく保つには?「上方照射法」に効果 東京大学2021年6月8日

一覧へ

東京大学大学院農学生命科学研究科附属生態調和農学機構の矢守航准教授らは、室内にある鉢植えのバラに、根元から上向きの光をあてることによって、バラを美しく保つことができることを明らかにした。同研究成果は6月2日、アメリカ園芸学会誌「HortScience誌」で発表された。

室内の鉢植えバラを美しく保つには?「上方照射法」に効果 東京大学

切り花を長期間美しく保つ方法については、数々の研究が行われてきた。室内での鉢植えの管理方法についてはまだあまり明らかになっていないが、同研究は、できるだけ省スペースでバラをキレイに咲かせたいという主婦目線の雑談の中から生まれた。

ミニバラに3パターンの照明をあてて検証ミニバラに3パターンの照明をあてて検証

室内環境で、鉢植えのバラのつぼみがちゃんと咲くようにするには、照明をあてる必要がある。一般に、植物に光をあてるときには、上の方に設置した下向きの照明を使うことが多いが、そのためには背の高いスタンドライトや照明器具を取り付ける支柱などを新たに用意しなければならない。また、上から光をあてていると、下の方の葉が枯れてしまうという問題もある。

そこで、薄暗い室内の環境に置いた鉢植えのミニチュアバラを、(1)追加の照明なし、(2)上から下向きの照明をあてる(下方照射)、(3)下から上向きの照明をあてる(上方照射)という3つの条件で2週間、葉の枯れ具合や花の咲き方を調べた。その結果、追加の照明がないと根元に近い葉が枯れてしまい、つぼみの大半が茶色い変色。これは、室内のような薄暗い環境では、バラの生育は困難だということを示している。

下方照射と上方照射で比較すると、上から照らす下向きの照明では、花はよく咲いたが、下の方の葉は枯れてしまった。しかし、下から照らす上向きの照明をあてると、下の方の葉が枯れるのを防ぐことができ、つぼみも3分の2以上が開いた。このことから、下から照らす上方照射が植物体下部の葉の老化を抑制することがわかった。また、花芽については、上から照らす下方照射の方がより多く開花したものの、下から照らす上方照射でも3分の2以上が開花しており、いずれもほぼ同等の開花促進作用があることがわかった。

以上から上向きの照明(下方照射)は、葉も花も美しく保つことができ、照明を設置するためのスペースも必要ないため、室内で手軽にバラを楽しみたい人におすすめの方法といえる。また、病院など室内で植物を管理する際の新たな選択肢になると考えられる。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る