Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「南島原スマート農業シンポジウム2021」開催 JAISA2021年7月12日

一覧へ

日本農業情報システム協会(JAISA)は7月29日、南島原市スマート農業推進協議会と共同で「南島原スマート農業シンポジウム2021」を長崎県南島原市で開催する。

「南島原スマート農業シンポジウム2021」開催 JAISA

同シンポジウムは、農業者や農業関係者に対し、スマート農業の情報提供や事例紹介によりスマート農業の普及促進を目的として開催。農業の課題をITで解決する「スマートアグリ」に取り組む企業が一堂に会し、最先端のサービスや事例の紹介とパネルディスカッションを行う。また、展示ブースでは実際に最先端のスマート農業ソリューション、センサー、サービスを活用した製品に触れながら、多くの農業従事者が抱える悩みについて解決の糸口を探る機会を提供する。当日の模様は、Youtube Liveで配信され、全国からオンラインで参加できる。

<開催概要>
日時:7月29日13:30~16:30(受付・開場13:00~)

場所:南島原市布津多目的集会施設(南島原市布津町乙1354-1)

定員:70人(先着順)

参加費:現地参加・500円、 オンライン参加・無料

参加資格:一般(農業に関係のある人)

参加申込方法
<現地参加>参加申込書を南島原スマート農業推進協議会事務局宛に送付。
<オンライン参加>JAISA Youtubeチャンネル(申し込み不要)

◎プログラム
【基調講演1】
テーマ「環境モニタリングと土づくり」
(一社) 日本農業情報システム協会 理事 持田宏平(株) 国際有機公社 代表取締役 吉田剛氏

【取組紹介1】
テーマ「設園芸作物における環境制御技術向上の取り組み」
長崎県島原振興局 南島原地域普及課 主任技師 宮本太郎氏

【取組紹介2】
テーマ「スマート農業による就農者サポート」
南島原市内アスパラガス生産者 横田葉子氏

【基調講演2】
テーマ「業現場におけるロボットの活用と未来農業」
アグリスト株式会社 高橋慶彦 取締役COO

【取組紹介3】
テーマ「ドローンを活用した労働力削減」
楽農ドローン 池田知謙氏

【パネルディスカッション】
テーマ「 技術を伝承し、魅力ある農業を目指して」
<パネラー/持田宏平氏、宮本太郎氏、横田葉子氏、池田知謙氏>

◎展示
・株式会社福岡九州クボタ南島原営業所
・JA全農ながさき/リバティーポートジャパン株式会社
・楽農ドローン
・株式会社笑農和
・株式会社SenSprout
・株式会社インターネットイニシアティブ
・株式会社セラク

【JAISA Youtubeチャンネル】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る