Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

天敵を主体としたハダニ類の防除体系作業手順書 リンゴ・ナシ編など公開 農研機構2021年7月15日

一覧へ

農研機構を代表機関とする農食事業28022Cコンソーシアムは、果樹の難防除害虫ハダニについて、天敵を主体に土着天敵と天敵製剤の2つの天敵利用技術を適宜に組み合わせて使う実用的な防除体系「<w天(ダブてん)>防除体系」を確立。同防除体系のリンゴとナシ栽培への普及を進めるため、基礎の解説を含めた3編の標準作業手順書(SOP)を作成しウェブサイトで7月14日に公開した。

<w天>防除体系を構成する4つのステップ<w天>防除体系を構成する4つのステップ

果樹の重要害虫であるハダニは増殖が早く化学合成農薬(殺ダニ剤)に対して薬剤が効きにくくなりやすいため、多くの産地では防除効果を補完するための農薬の追加散布が常態化している。新規薬剤が唯一の頼りになるが、開発のスピードがハダニの薬剤抵抗性発達のスピードに間に合わなくなることが懸念されており、これからの持続的な果樹生産に向け「殺ダニ剤だけに依存しない実用的な害虫管理体系への転換」が望まれている。

そこで農研機構は、ハダニの有力な天敵であるカブリダニに着目。"果樹園に自然に生息する土着のカブリダニ"と"製剤化されたカブリダニ"をダブルで使い、それぞれの長所を最大限に活かし、殺ダニ剤への依存を大幅に減らした新しいハダニ防除体系「<w天>防除体系」を確立し、マニュアルなどで技術を紹介してきた。

この<w天>防除体系を現場に導入するための説明書として、リンゴとナシの<w天>防除体系のSOPを基礎・資料編とともに公開。同SOPは、殺ダニ剤での防除が困難な産地では<w天>防除体系をスムーズに導入できる。また、現状では薬剤防除に問題がない産地でも<w天>防除体系のさらなる普及を促し、殺ダニ剤の使用頻度の抑制とその延命を可能にすることで、果樹の生産性の向上と環境負荷軽減の両立させることができる。

ナシ<w天>防除体系の概念図

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る