Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

品種・栽培技術・養液栽培・経営まで 施設園芸の手引書『図解でよくわかる 施設園芸のきほん』発売 誠文堂新光社2021年7月21日

一覧へ

農業の施設園芸のすべてがわかる手引書『図解でよくわかる 施設園芸のきほん』(中野明正著、誠文堂新光社刊、1980円・税込)が8月6日に発売される。

『図解でよくわかる 施設園芸のきほん』『図解でよくわかる 施設園芸のきほん』

農業の施設園芸は、施設の中で園芸を行う形態のひとつ。もっともわかりやすいのが、ビニールハウスでの野菜生産で、施設は、ビニールハウスから植物工場まで多様に営まれている。また、地域、レベル、目的もさまざまで、どのような施設でも、安定した栽培をするために必要な知識がある。同書は、施設園芸において基本となる、生産を始める前に身につけておくべき知識をわかりやすくまとめた一冊。これから農業に取り組みたい人、すでに生産しており、より収量を安定させたい人に最適な手引書となっている。

著者は、千葉大学園芸学研究院 学術研究・イノベーション推進機構特任教授の中野明正氏。2012年から農研機構施設野菜生産プロジェクトリーダー、2017年から農林水産省農林水産技術会議事務局研究調整官(園芸、ゲノム、基礎・基盤担当)を務め、プログラムオフィサーとして「スマート育種」を推進。同省生産局園芸作物課では「スマート農業」を推進した。

『図解でよくわかる 施設園芸のきほん』『図解でよくわかる 施設園芸のきほん』サンプル

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る