JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
ベリマークSC:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

豆類、野菜類にシロイチモジヨトウの発生を確認 京都府2021年8月27日

一覧へ

京都府病害虫防除所は8月25日、府内全域でネギ、豆類(黒大豆、エダマメ、アズキ)、野菜類にシロイチモジヨトウの発生を確認したことを受け、病害虫発生予察注意報3号を発令した。

左上:シロイチモジヨトウ幼虫・卵塊 右:シロイチモジヨトウによるネギの被害(写真提供:京都府病害虫防除所)左上:シロイチモジヨトウ幼虫・卵塊
右:シロイチモジヨトウによるネギの被害(写真提供:京都府病害虫防除所)

8月中旬の病害虫巡回調査によると、ネギでのシロイチモジヨトウ幼虫の発生量は、小株で平年並、大株で発生を認めた。被害株率は過去10年間で最も高くなっている。また、アズキでもシロイチモジヨトウ幼虫の発生を認めている。フェロモントラップへの誘殺虫数(7月第4半旬~8月第3半旬の合計値)は、京田辺市で97.0頭(平均24.7頭)と多い。また、亀岡市では、68.6頭(平均:66.8頭)、京丹後市で48.4頭(平均:48.0頭)と2018年から調査を始めた2地点の過去3年間の各平均と同程度となっている。防除対策は次のとおり。

〈防除対策〉
(1)中老齢幼虫の薬剤感受性は低下する。また、ネギでは葉の内部に潜り込むと薬剤による防除効果が低下するので、ほ場をこまめに見回り、若齢期に防除を行う。

(2)性フェロモン剤による交信攪乱や黄色蛍光灯を組み合わせた防除を考慮する。

(3)被害葉及び収穫残さは本種の発生源となるので、残さは一箇所にまとめて積み上げ、表面をビニル等で被覆する等、適切に処分する。

(4)本種は寄主範囲が広く、ネギ以外に豆類、野菜類、花き類を加害するので注意する。

(5)ネギでの薬剤散布は表3を参考に、使用薬剤は異なる系統のものを用い、同一系統の薬剤の連用は避ける。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る