Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

チャバネアオカメムシなど果樹カメムシ類県下全域で発生 愛媛県2021年10月11日

一覧へ

愛媛県病害虫防除所は、かんきつ、かき、キウイフルーツに果樹カメムシ類(チャバネアオカメムシ、ツヤアオカメムシ、クサギカメムシ)の発生を県下全域で確認。これを受け、10月6日に病害虫発生予察注意報第4号を発令した。

チャバネアオカメムシのかんきつへの加害(左)、 かきへの加害(写真提供:愛媛県病害虫防除所)チャバネアオカメムシのかんきつへの加害(左)、
かきへの加害(写真提供:愛媛県病害虫防除所)

県下6か所の予察灯における果樹カメムシ類の誘殺数は、9月下旬になって平年値を大きく超える地点が多くなっている。

9月中旬時点のヒノキ樹上での果樹カメムシ寄生虫数は3.4頭と、平年の2.5頭と比較してやや多く、この虫の発生源である林野からの離脱の目安とされるヒノキ球果の口針鞘数が1球果当り25個を超える調査地点は無かった。そのため、現在も多くの個体はヒノキ球果上にとどまっているものと判断される。かんきつ、かきで園地内での果実加害が確認されている。

9月30日時点で高松地方気象台発表の1か月予報では、気温は高いとされていることから、果樹カメムシ類の活動は継続し園地への飛来が助長されるものと予想される。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇カメムシ類の飛来時期、飛来量は地域、園地により異なるため、早期発見に努める。特に台風の通過後は、園地へ多飛来する事例が多いため、見回りを強化する。

〇園地への飛来は、曇天で夜温があまり下がらない日に多くなる。

〇主に山林から飛来するため、山林に近い園地で被害が早く発生し、飛来量も多くなる傾向にある。

〇園内に飛来した成虫は集合フェロモンを放出し、同種の成虫を引き寄せるため、飛来初期の薬剤防除を徹底する。

〇飛来は日没30分後~3時間後に多くなるので防除は夕方の実施が効果的である。

〇薬剤は作物ごとの登録内容に応じて使用する。防除に当たっては、農薬使用基準(収穫前日数、使用回数等)を遵守し、風向き、薬液の散布圧等に注意し、周辺作物への飛散防止、周辺環境(魚・蚕・ミツバチなど)への配慮を徹底する。

〇飛来が続く場合は継続的な防除が必要であるが、ミカンハダニとカイガラムシ類においては薬剤の影響によるリサージェンスが起こる可能性があるので、散布後の発生には十分注意する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る