JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

過去10年で最高 ハスモンヨトウなど野菜類のガ類 県内全域で発生 山口県2021年10月15日

一覧へ

山口県病害虫防除所は、野菜類のガ類の発生を県内全域で確認。これを受け、10月14日に病害虫発生予察注意報第3号を発令した。

ハスモンヨトウの卵塊(左)と若齢幼虫(写真提供:山口県病害虫防除所)ハスモンヨトウの卵塊(左)と若齢幼虫(写真提供:山口県病害虫防除所)

10月中旬のキャベツの巡回調査では、ハスモンヨトウの発生ほ場率91.7%(平年43.3%)、寄生株率16.5%(平年2.6%)。コナガの発生ほ場率66.7%(平年15.6%)、10株当たり虫数0.3頭(平年0.1頭)。シロイチモジヨトウの発生ほ場率41.7%(平年5.2%)、寄生株率2.0%(平年0.2%)。いずれも発生ほ場率、寄生株率が過去10年で最も高かった。また、オオタバコガの発生ほ場率は、66.7%(平年23.0%)で過去10年で最も高かった。

ハスモンヨトウは卵塊、若齢幼虫が中心で、防除を徹底して発生密度を低下させる必要がある。今後しばらく、ガ類の活動に好適な時期が続くため、農作物への被害が懸念される。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇ほ場をよく観察し、発生が認められた場合には直ちに防除を行う。

〇ハスモンヨトウの卵塊や若齢幼虫が集中した葉を見つけた場合は、捕殺するとともに薬剤防除を実施する。

〇防除薬剤は、令和3年農作物病害虫・雑草防除指導基準を参考に選定する。

また、防除上注意すべき事項は次の通り。

〇ハスモンヨトウやコナガは多くの薬剤に抵抗性が発達しており、特に中齢から老齢幼虫は薬剤の効果が低下するので、若齢幼虫期の防除を徹底する。

〇施設栽培では、ハスモンヨトウは葉の裏や鉄骨パイプ等の高い位置に黄褐色の毛で覆われた卵塊を産卵することが多いので注意する。

〇薬剤抵抗性を発達させないため、同一系統薬剤の連用は避ける。

〇農薬を使用する際には使用基準を遵守し、適正な散布作業を実施する。

シロイチモジヨトウの老齢幼虫(写真提供:山口県病害虫防除所)シロイチモジヨトウの老齢幼虫(写真提供:山口県病害虫防除所)

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る