秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

ウメ、アンズ、モモなどにヨコバイ科の一種 多摩地域などで初確認 東京都2021年10月20日

一覧へ

東京都病害虫防除所は、ヨコバイ科の一種でSingaporashinshana(Matsumura)の発生を都区部と多摩地域で初めて確認。これを受け、10月18日に病害虫発生予察特殊報第3号を発令した。

Singapora shinshanaの成虫(写真提供:東京都農林総合研究センター 大林隆司氏)Singapora shinshanaの成虫(写真提供:東京都農林総合研究センター 大林隆司氏)

8月に東京都区部で庭木のウメ、アンズ、モモの葉が白化し、ヨコバイ類が飛翔しているとの情報提供があった。9月に現地と近辺のウメ園地の調査を行ったところ、全ての調査地点で葉の白化症状とヨコバイ類の寄生を確認した。採取した成虫の同定を横浜植物防疫所に依頼した結果、いずれもSingaporashinshana(Matsumura)と判明。その後の追加調査で多摩地域のウメ、モモ、エドヒガンにも本種の寄生及び被害を確認した。

海外では中国、台湾、韓国、北朝鮮で本種の発生が確認されており、国内では沖縄県、和歌山県、徳島県、埼玉県、京都府、大阪府、岡山県、群馬県、滋賀県、香川県、栃木県の11府県で発生が報告されている。

成虫の体長は、3.0~3.5ミリで体色は黄緑色。複眼は黒く、頭頂部に黒点が1つあり、国内での詳細な生態は明らかになっていない。ウメ、アンズ、モモ、スモモ、オウトウ、モッコウバラの他、海外ではナシやリンゴ等のバラ科果樹、サンザシ、ポポー、ポプラに寄生することが報告されている。韓国では7月末から9月末までが本種の増加期であることが明らかになっている。

ウメの葉の白化症状(写真提供:東京都病害虫防除所)ウメの葉の白化症状(写真提供:東京都病害虫防除所)

被害としては、成虫と幼虫が吸汁することで、葉の表面が白化。激しく加害されると落葉することがある。被害葉の裏には幼虫の脱皮殻が付着していることが多い。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇10月18日現在、同種に対する登録農薬はない。

〇同種の発生と被害の早期発見に努める。発見した場合は速やかに寄生葉を除去し、深めの穴に埋却するなど適切に処分する。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る