FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

サツマイモ基腐病 県内で確認 長野県2021年11月4日

一覧へ

長野県病害虫防除所は、サツマイモ基腐病の発生を県南部で確認。これを受け、10月29日に病害虫発生予察特殊報第2号を発令した。

株元地際の黒変症状(写真提供:長野県病害虫防除所)株元地際の黒変症状(写真提供:長野県病害虫防除所)

7月に県南部のさつまいも栽培ほ場で茎葉の枯死が見られ、株元地際の茎が黒変した株が確認された。長野県野菜花き試験場で病原菌の分離、病原性確認および分離菌の遺伝子解析を行ったところ、サツマイモ基腐病であることが確認された。同病は2018年に沖縄県で初めて確認され、10月7日現在、21 都道県で確認されている。

発生初期では、黄化して生育が不良となる。その後、株元地際部の茎の部分が暗褐色または黒色に変色し、症状が進行すると茎葉が枯死、塊根の腐敗が見られる。発病株には多数の黒い粒状の柄子殻が形成され、雨水等により内部から大量の分生子が飛び散る。

分生子は風雨やほ場の停滞水により、周辺の株に感染する。病原菌は糸状菌の一種で、宿主作物はヒルガオ科植物のみ(主にかんしょ)。病原菌は植物残渣上で越冬し、翌年の伝染源となる。塊根は収穫時に無病徴でも、収穫後の貯蔵中に発病することがある。

分生子(写真提供:野菜花き試験場)分生子(写真提供:野菜花き試験場)

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇排水不良は発病を助長するので、植付前に排水対策を行う。

〇植付前には表1を参照し、ほ場の土壌消毒を行う。

〇未消毒の苗は表1を参照し、防除する。

〇発病株(茎葉や塊根)は速やかに抜き取り、肥料袋等に入れ、ほ場外に持ち出し適切に処分する。

〇発病株の除去後に、周辺株への感染予防のため表1を参照して防除する。

〇同病が発生したほ場は、翌年のさつまいも栽培は避け、ヒルガオ科以外の作物を輪作する。

〇発生したほ場で使用した農機具、資材等は、洗浄及び逆性石鹸等で消毒を行う。

〇詳細な防除対策は、生研支援センターイノベーション創出強化研究推進事(01020C)「サツマイモ基腐病の発生生態と防除対策」 (令和2年度版)を参照。

(表1)サツマイモ基腐病に使用できる殺菌剤一覧(表1)サツマイモ基腐病に使用できる殺菌剤一覧

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る