ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

あぶらな科野菜にコナガ 早期・多飛来傾向 防除開始時期に注意 北海道2022年5月11日

一覧へ

北海道病害虫防除所は、あぶらな科野菜にコナガが早期で多飛来の傾向にあることを発表。これを受け、5月9日に病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

あぶらな

長沼町、比布町、北斗市、芽室町と訓子府町の予察ほ場で、4月のフェロモントラップへのコナガ成虫の誘殺は、いずれの地点でも平年より早く、誘殺頭数も多く経過している。また、5月の気温は平年より高いと予報されていることから、今年のコナガ成虫の飛来数は多く、定植後のほ場へ速やかに飛来して活発に産卵するものと予想される。同防除所は、定植時に粒剤や灌注剤処理を実施しない場合には、ほ場の観察に努め、適切な時期から防除を開始するよう呼びかけている。

また、近年は薬剤抵抗性を発達させたコナガの飛来により、従来コナガに対して高い防除効果を示していたジアミド剤の防除効果の低下事例も確認されている。防除に当たっては、異なる系統の薬剤によるローテーション防除を実施するとともに、防除を実施した後の効果確認に努める。また、防除効果が低いと判断された場合には、すみやかに他系統剤による防除を実施するなど、コナガの発生動向に対応した防除が必要となる。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇定植時に粒剤や灌注剤処理を実施しない場合には、ほ場の観察に努め適切な時期から防除を開始する。
〇防除に当たっては、複数系統の薬剤を用いたローテーション防除を実施する。薬剤防除実施後には適宜防除効果を確認し、コナガ幼虫の寄生が目立つ場合にはすみやかに他系統薬剤による防除を実施する。
〇防除間隔を開けすぎないように留意する。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る