おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【特殊報】ナスにクロテンコナカイガラムシ 県内で初めて発生を確認 岡山県2022年6月16日

一覧へ

岡山県病害虫防除所は5月19日、ナスにクロテンコナカイガラムシの発生を県内で初めて確認。これを受け、6月14日に病害虫発生予察特殊報第1号を発令した。

ナス果実の被害(写真提供:岡山県病害虫防除所)ナス果実の被害(写真提供:岡山県病害虫防除所)

5月19日に、岡山県南部の施設ナスほ場で、ナスにコナカイガラムシの寄生が認められた。神戸植物防疫所に同定を依頼したところ、岡山県では未発生のクロテンコナカイガラムシと判明した。

国内ではこれまでに、沖縄県(スイゼンジナ、ヒマワリ)、佐賀県(ナス)、福岡県(ミニトマト、ナス)、愛知県(食用トレニア、食用金魚草)、山口県(トマト)、高知県(ナス)、鹿児島県(ミニトマト)、大阪府(ナス)、奈良県(ホウレンソウ)、長崎県(ナス)、京都府(トマト)、愛媛県(ナス)で発生が確認されている。

雌成虫は翅を欠き、体型は楕円形。体長は通常3~4.2ミリ程度で、大きい個体は5ミリ超える。背面に白色のロウ質物を分泌するため、全体としては白く見えるが、ロウ質物は亜中央部で薄くなるため、2対の黒斑があるように見える。また、雄成虫は1対の翅を持つ。

成虫はワタ状のロウ質物の卵のう内に平均で350個程度産卵する。繁殖様式は、交尾後産卵する有性生殖と雌成虫が交尾せずに産卵する、単為生殖の両方が知られている。同種の単為生殖個体群における1世代の発育期間は、平均70日程度。

生長点付近を中心とした茎葉に寄生し、分泌した甘露からすす病を生じる。広食性で、海外ではワタ、オクラ、トマト、ナス等53科154種の植物に寄生することが確認されており、寄主植物は雑草から作物まで広範囲にわたる。

雌成虫と幼虫(写真提供:岡山県病害虫防除所)雌成虫と幼虫(写真提供:岡山県病害虫防除所)

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇発生ほ場では、被害を拡大させないために、寄生部位を早期に除去し、ほ場外に持ち出して土中に埋めるなど、適切に処分する。

〇同虫は雑草にも生息するため、ほ場内外の除草対策を徹底する。

〇薬剤による防除については、発生を確認後、早期に散布を行う。なお、コナカイガラムシ類でモスピラン顆粒水溶剤の登録がある。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る