人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

独自の垂直栽培法でムダのない効率的なイチゴ栽培を提案 マラナタ2022年7月1日

一覧へ

株式会社マラナタ(静岡県浜松市)は、イチゴ垂直栽培法の設備やノウハウを提供することで、いちご農家やいちご狩り農園の経営者の農作業が楽になり、収益化につながる次世代型農業のサポートを始めた。

独自の垂直栽培法でムダのない効率的なイチゴ栽培を提案 マラナタ

同社は、イチゴ栽培の生産性を上げる垂直栽培設備とそのシステムやノウハウを販売。垂直栽培法では次の3つが実現できる。

(1)イチゴの苗狩りと販売
一般的に国内のイチゴ市場は、クリスマスの寒い時期をピークに、夏に向けて売値が下がり、特に4~6月の期間はイチゴの味が落ち売値も落下。また、この時期はビニールハウスの中が暑くなり、作業は重労働となる。マラナタの垂直栽培法では、売値が低く、作業が大変なこの期間に苗を観葉植物や家庭菜園用に販売して収益化し、次のシーズンのイチゴ栽培をするまでの数か月間、空いたビニールハウスで他の作物を育てることができる。

また、マラナタの垂直栽培は、簡単にポットの取り外しができるため、"苗処分"の重労働も必要なく、次シーズンのイチゴ栽培のための"土を殺菌する作業"も省略。空いた作業期間を別のことへ有効活用できる。

(2)イチゴ栽培の効率アップ
マラナタの垂直栽培法では、従来の平面型の栽培方法から、垂直型栽培へ移行することで、縦の空間を利用し、より多くの苗を栽培することが可能。この方法は、ビニールハウスを増築する必要がないため、設備投資を抑えて、生産数をアップできる。また、ビニールハウス内の環境を変えずに移行することができるため、デリケートなイチゴの苗への負担も少ない。

苗の入れ替えもポット単位で、楽に入れ替え可能。イチゴの苗は大切に栽培してもロスが出てしまうが、ポット単位なら他の苗を傷つけることなく入れ替えられ、発育のよい苗のみを栽培できる。また、静岡県磐田市にある同社の垂直栽培法を導入しているイチゴ農園のイチゴを複数計測したところ、一般的な紅ほっぺの糖度は、12~13度ですが、13度を超えるイチゴもあった。

ポットごと、または、プランターごとに苗を販売できるポットごと、または、プランターごとに苗を販売できる

(3)組み合わせ自由なプランター
マラナタのプランターは、組み合わせ自由で、どこでもいちご狩りが可能。レジャー施設で催事としてのいちご狩り体験イベントや、イチゴスイーツブッフェでの摘みたていちごなど、イベント用としての販路拡大も期待できる。また、高さをつければ、同じゾーンで、親子でいちご狩り体験を楽しめる。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る