2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:プリンスベイト
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

【注意報】ピーマン、トマトに"うどんこ病" 県内全域で発生のおそれ 大分県2022年8月1日

一覧へ

大分県農林水産研究指導センター農業研究部は、ナス科作物(ピーマン、トマト)にうどんこ病が県内全域で発生するおそれがあるとして、8月1日に病害虫発生予察注意報第3号を発令した。

7月中旬の巡回調査においてピーマンでは、発生圃場率、発病度ともに平年より高かった。また、トマトでは発生圃場率は高く、発病葉率は平年並だった。

ピーマンは発生圃場率が、50.0%(平年:22.2%、前年:33.3%)で、平均発病度は3.8(平年:1.1、前年:0.9)。トマトは発生圃場率が40.0%(平年:18.8%、前年40.0%)で、平均発病葉率は2.9%(平年:2.8%、前年4.0%)。

福岡管区気象台が7月21日に発表した1か月予報では、向こう1か月の天候は平年に比べ晴れの日が多く、高温少雨の予測で、同病に好適な気象条件が続くと考えられる。

同センターでは次のとおり防除対策を呼びかけている。

(1)同病は、樹勢低下により発病が助長されるため、適切な肥培および灌水管理に務めるとともに、適期収穫を徹底する。

(2)ほ場内の観察を徹底するなど、本病の早期発見に努め、予防散布や初期散布に重点を置くとともに、葉裏まで十分薬剤がかかるよう散布圧などに留意して防除を行う。

(3)同病は、発病後の進展が早く、防除遅れが生じやすいため、発病初期から治療効果の高い薬剤を中心に散布する。

(4)ピーマンにおいては、硫黄粉剤の株間散布により、安定した防除効果が得られる。ただし、同剤は、硫黄ガスが充満することで効果を発揮するため、3メートルや6メートル間口のハウスのような圃場内の密閉性が必要。また、治療効果を有しないため、発病前からの散布が肝要。

(5)薬剤抵抗性発達を防ぐため、同一系統薬剤の連続使用は避け、ローテーション防除を心掛ける。防除に使用する薬剤は、大分県農林水産研究指導センター病害虫対策チームホームページ内にある「大分県主要農作物病害虫及び雑草防除指導指針」の「ピーマン」「トマト」の項を参照する。

なお、薬剤によっては指針の更新日以降に登録内容が変更されている場合があるため、容器のラベルに記載されている使用時期、使用回数等を遵守して使う。

【大分県主要農作物病害虫及び雑草防除指導指針】

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る