2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

【注意報】果樹カメムシ類 県内全域で多発のおそれ 兵庫県2022年8月18日

一覧へ

兵庫県病害虫防除所は、果樹カメムシ類が県内全域で多発するおそれがあるとして、8月12日に病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

果樹カメムシ類「チャバネアオカメムシ」の成虫(写真提供:兵庫県病害虫防除所)

果樹カメムシ類「チャバネアオカメムシ」の成虫(写真提供:兵庫県病害虫防除所)

一般的に、果樹カメムシ類の発生量には隔年性がある。今年は発生の多い表年に該当し、例年に比べて早い6月中旬以降から越冬世代成虫の活動が盛んとなっている。同防除所では、発生予察防除情報第3号を7月8日に発表し、注意喚起を行ってきたが、その後もフェロモントラップおよび予察灯で、表年の平均を上回る誘殺が認められている。

特に、誘殺数が多い朝来市では、チャバネアオカメムシの7月の合計誘殺数は、フェロモントラップで1547頭(表年の過去4年分※平均334.2頭)、予察灯で432頭(同6年分平均225.2頭)と、表年の平均より極めて多い。加西市でも、チャバネアオカメムシの7月の合計誘殺数は、フェロモントラップで657頭(表年の過去6年分平均369.2頭)、予察灯で25頭(同平均10.1頭)と、表年の平均より多い。

朝来市に設置している予察灯におけるツヤアオカメムシの7月の合計誘殺数は、81頭(表年の過去6年分平均17.7頭)と表年の平均より多い。クサギカメムシの7月の合計誘殺数も156頭(同平均78.0頭)と、表年の平均より多い。

今後、越冬世代成虫に加え、新成虫が発生し、密度が高まる時期となるため、収穫期まで成虫が断続的に飛来し、加害期間が長期化する恐れがある。

大阪管区気象台が8月4日に発表した近畿地方の1か月予報によると、気温は平年より高く、降水量は少なく推移するとされており、果樹カメムシ類の活動に好適な条件が続くと予想される。

果樹カメムシ類「ツヤアオカメムシ」の成虫と「クサギカメムシ」の成虫(写真提供:兵庫県病害虫防除所)

写真左:果樹カメムシ類「ツヤアオカメムシ」の成虫、写真右:果樹カメムシ類「クサギカメムシ」の成虫(写真提供:兵庫県病害虫防除所)

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇果樹園への飛来量や飛来時期は、周辺環境の影響を大きく受けるため、地域や園地によって異なる。各園地で見回りを実施し、発生や被害を認めたら速やかに薬剤による防除を行う。山林に近い園地では飛来量が多い傾向にあるため、特に注意する。

〇ナシでは袋をかけていても、袋と果実が接している部分は外部から吸汁を受けやすい。多発時には思いがけず被害果が増えるおそれがあるため、収穫期まで油断せずに注意する。

〇果樹カメムシ類は夜間を中心に活動するため、薬剤散布は夕方に行うと効果が高い。また、移動性が高いため、薬剤散布は広域的に一斉に実施し、地域全体の密度を下げることが望ましい。

〇薬剤散布を行う場合は、病害虫・雑草防除指導指針(兵庫県農薬情報システム)等を参考に薬剤を選定し、農薬使用基準を守る。なお、合成ピレスロイド剤は効果が高く残効も期待できるが、天敵昆虫に対する影響が強く、ハダニ類など他害虫を誘発するおそれがあるため、使用にあたっては他の害虫の発生状況も十分に考慮する。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る