左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

安価版「アイガモロボ」全国で本格実証開始 ヤマガタデザイン2024年2月13日

一覧へ

水田の自動抑草を行うアイガモロボを開発・製造する有機米デザインは、ナチュラルスタイル(NS社)、井関農機と連携し、安価版アイガモロボの実証を2024年度に開始する。

安価版アイガモロボ安価版アイガモロボ

2023年から販売開始したアイガモロボの現行機は、農研機構らと実施した実証実験により、十分な抑草効果と収量の平均10%増加、機械除草回数の58%減少が確認され、全国各地の水田で稼働している。一方、現行機の導入には、アイガモロボに合わせたほ場条件に整えることが必要なことから、条件が合わない圃場では導入に至らないことがあった。

安価版アイガモロボの特徴は、NS社が開発したスマホ通信機能を省いた「自動航行システム」と、新たに開発した「ブラシ型パドル」の搭載していること。抑草機能・生育への影響はそのままに適応条件を拡大し、スマートフォンとの通信機能を省きながら操作の簡易化と機能向上と低価格化を図る。また、水のにごりやトロトロ層での抑草効果に加え、ブラシが水底を掻くことで発生初期の雑草を浮かせる効果も期待されている。

2024年度には、様々な条件下での課題抽出を目的に、全国で安価版アイガモロボの実証実験を計画。早期の市場投入を目指し、有機米デザインが製品化・量産化・製造を、NS社が要素技術開発を担い、発売に向けた準備に取り組む。発売時期は未定。

今後は、安価版アイガモロボの開発により、有機米の普及・拡大に向けた取り組みを一層加速させ、国が掲げる「2050年までに(耕地面積に占める)有機農業の取組面積の割合を25%(100万ha)に拡大する」目標達成につなげる。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る