人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

日本初「在来品種データベース」公開 日本全国の在来品種280品種を調査 農研機構2024年3月27日

一覧へ

農研機構は3月26日、貴重な植物遺伝資源の現状が分かる日本初の在来品種データベースを280品種にデータを増やし公開した。

日本各地で古くから栽培されてきた雑穀や伝統野菜などの在来品種は、その地域の文化を伝える文化遺産として、地域の特色を生かした地域おこしなどへの利活用が注目されている。また、在来品種は、国内で現在流通している品種に無い特徴や、栽培されている地域の気象条件でしっかり育つ特性から、新品種開発の素材としての価値も評価されている。一方で、収量が比較的低いことや、農業従事者の高齢化による生産者数の減少などの理由から、在来品種はその文化とともに失われつつある。

在来品種データベースホームページから在来品種データベースホームページから

農研機構は、遺伝資源の収集や保存、遺伝資源に関わる文化等の調査を行う山形大学と共同し、品種の種類、特徴、栽培方法、用途、来歴、栽培の現状、現地の保全活動の事例などの情報を写真とともにとりまとめ、在来品種の特性を最大限活用するための技術や文化の記録としてデータベースを作成。試行版の40品種から280品種にデータを増やし、本格的に公開を始めた。

貴重な遺伝資源である在来品種の積極的な利用を考えている地元の生産者や、地域の文化を大切にしたいと考える教育関係者など、在来品種に関心のある人に役立つ情報を掲載している。



重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る