農機・資材 ニュース詳細

2013.01.04 
中国で農業資材販売会社を新設  住友化学一覧へ

 住友化学は12月27日、2013年1月に中国遼寧省大連市に農業資材などの販売子会社「住化金港販売(大連)有限公司」(予定)を新設すると発表した。

 新会社は資本金1000万ドルで、住友化学70%、大連金港集団30%の共同出資。西広信氏(住友化学投資(中国)総経理)が董事長に就任する予定。
 高機能農業用ハウスフィルム(農POフィルム)など高機能・高付加化価値の農業資材の販売拡大、中国東北部の市場ニーズの把握、商品開発、顧客サービスなどを行い、中国での販売力・ブランド力強化をねらう。
 住友化学と大連金港集団は03年に農薬中間体などを生産する合弁会社を設立、09年には飼料添加物メチオニン、農POフィルムなどの製造会社を設立するなど、中国国内で住友化学の生産拠点拡充をともにすすめてきた。


(関連記事)
米国でポストハーベスト事業強化  住友化学 (2012.12.21)

米国の殺虫剤企業MGK社を子会社化 住友化学 (2012.12.20)

津波被害農地の修復技術を確立 日立造船・住友化学 (2012.12.17)

「スタウトダントツ」シリーズに対紋枯病を追加 水稲用箱処理剤「箱いり娘」 (2012.11.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ