左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

資材を使わず暗渠を施工 穿孔施工機を開発2013年11月12日

一覧へ

 農研機構農村工学研究所は無資材・迅速・カンタンな穿孔暗きょ施工機(カットドレーン)を開発した。ほ場の釣りをブロック状に切断して動かすことで、約70cmまでの任意の深さに四角形の暗渠をつくることができる。

穿孔施工機 北海道農業公社などと共同開発した穿孔暗渠施工機は、
[1]土を縦長で四角形のブロックに切断し
[2]切断した四角形のブロックを持ち上げて、下に四角形の隙間をつくる
[3]その隙間の横の土を隙間と同程度の大きさの四角形に切り出し、隙間の中に寄せる。
これによって溝の底の横に四角形の通水空間をつくる。
 施工機はトラクターに装着するだけでよい。また排水路の法面から通水空間を開けることもできる。
 ただ、重粘土や泥炭度などの多湿な土壌に対する適応性は高いが、砂礫層や5cmを超える石礫が多い場合、直径5cmを超える埋木があるところでは施工できない。従って、主に転換畑や畑、草地で使う。
 水田は湛水する必要があるので、季節の暗渠に接続する補助暗渠として使う。施工機の価格は80?150万円の予定。
 同機構は「田畑輪換や輪作、気象条件などによって早急に排水改良が必要な場合など、農家の都合に合わせて手軽に施工できる技術」として期待する。

穿孔暗きょ施工機(カットドレーン)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る