Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ニンジン、レタスなど タキイ種苗が新品種紹介2013年11月18日

一覧へ

 タキイ種苗は11月14、15の両日、種苗・園芸店、JA、生産者、市場・流通関係者などを対象にした新品種説明会「2013 秋期農場オープンデー」をタキイ茨城研究農場(茨城県稲敷郡)で開いた。2日間で約1500人が来場した。

「ロマリア」をはじめ多彩なレタス品種が出店された このイベントは、秋冬野菜の見ごろにあわせて、同社の最新品種などを実需者向けに紹介するイベントだ。
 今回の注目品種は、ニンジン「京くれない」、ロメインレタス「ロマリア」、ネギ「京千緑」など。
 「京くれない」は夏まき用の新品種で、金時ニンジンと五寸ニンジンを交配させ、両方の特徴をあわせ持つ品種だ。鮮やかな赤色で、通常のニンジンよりリコピンを多く含むなど機能性に優れているのが特徴だ。
 「ロマリア」は幅広い作型に適応した加工・業務用適性を向上させた品種で、外食で人気のシーザーサラダなどのサラダ野菜として人気が高い。一般的なレタスに比べて、ビタミン、カロテン、ポリフェノールが豊富で苦味が少なく、食味も優れている。
 そのほか、黄化葉巻病・葉かび病耐性を付与した最新のトマト育成品種も出展された。

(写真)
「ロマリア」をはじめ多彩なレタス品種が出店された


(関連記事)

鍋は「日本人のソウルフード」タキイ種苗が調査(2013.11.07)

トマト好き8割以上 機能性にも注目 タキイ種苗(2013.10.08)

トマト好き、セロリが嫌い タキイが野菜調査(2013.08.27)

カットスイカを選ぶ人が半数以上 タキイが調査(2013.08.20)

野菜産地、高温対策を 農水省(2013.08.01)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る