Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

豪雪地域の必需機械 ヤマハ除雪機新発売2017年4月17日

一覧へ

 ヤマハモーターパワープロダクツ(株)は、コンパクトで優れた除雪能力を備えた「青い除雪機」ヤマハスノーメイトの2018年モデルとして、除雪ブレードを標準装備した小型・ベーシックタイプの「YS1070T-B」を2017年8月1日から発売する。

除雪に威力を発揮するYS1070T-B 除雪ブレードは、雪をブルドーザーのように押し集める器具で、浅い積雪や湿った重い雪、シャーベット状の雪に適している。
 使用しない時はオーガ上に振り上げて収納できるので、雪質や積雪量に合わせ、本来のオーガを使った除雪とブレードによる除雪の使い分けが可能だ。
 除雪機は、家庭用として住宅の玄関先や車庫まわりに、業務用としては、商店の店先や駐車場、建設現場など、降雪地域のさまざまな場所で活用されている。
 近年は、温暖化の影響も指摘されているが、降雪量が増えており、局地的ゲリラ豪雪に見舞われることも多く、生活者の除雪機製品の認知度は向上している。
 一方で、降雪時期や積雪地域の変動が大きく、各地域での需要期、当用期にあわせて、除雪機を供給することの難しさはあるが、年間約3万5000台~4万台の出荷・需要(ヤマハ調べ)があるものと推測されている。
 同社は、いち早く市場ニーズを採り入れ、一般家庭向け中・小型モデルを中心としたラインナップを構築した。2016年シーズンからは、積雪量や雪質の変化に応じて、ロータリー除雪とブレード除雪の使い分けが可能な1台2役の小型モデルを導入し好評を得ている。◎2018ヤマハ除雪機概要
除雪に威力を発揮するYS1070T-B・名称:ヤマハスノーメイトYS1070T-B
・発売日:2017年8月1日(予約開始は同年6月1日から)
・メーカー希望小売価格:63万2664円(税込)
・販売予定:7500台/年間
 この製品に関する問い合わせは、ヤマハ発動機(株)カスタマー コミュニケーションセンターTEL:0120-090-819まで。
(写真)除雪に威力を発揮するYS1070T-B

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る