想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

マイコプラズマ肺炎の抗原キット新発売 デンカ生研2017年6月12日

一覧へ

 デンカ(株)の主要グループ会社であるデンカ生研(株)は、マイコプラズマ抗原キット『クイックナビ マイコプラズマ』を、7月12日に発売する。

マイコプラズマ肺炎の抗原キット新発売 デンカ生研 異型肺炎の一種であるマイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマニューモニエに感染することで発病する。5歳から14歳に発症頻度が高い感染症であり、特定の抗生物質による治療が可能だ。
 初期症状は咳や発熱など、風邪の症状との鑑別が困難な場合も多く、二次感染予防のためにも、適切かつ迅速な診断が有効だ。
 『クイックナビ マイコプラズマ』は、咽頭から採取した検体中のマイコプラズマニューモニエ抗原の検出を目的としたイムノクロマト法試薬だ。同製品フロックスワブを採用したことで、咽頭ぬぐい液をより効率的に採取でき、感染の有無を反応時間15分で迅速に判定できる。
 臨床試験において遺伝子検査法と比較し、陽性一致率81.4%、陰性一致率100%と、優れた感度と特異性を示すことが確認された。また、唾液の影響を受けることなく検査が可能なことも確認されている。
 同製品は、販売提携先の大塚製薬(株)とデンカ生研(株)の2社から販売される。 

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る