想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

開発中の高速高精度汎用播種機で現地検討会 農研機構・アグリテクノ矢崎2017年9月12日

一覧へ

 農研機構とアグリテクノ矢崎(株)は、高速高精度汎用播種機を共同で開発しているが、10月26日に現地検討会を開催し、生産者や関係者と意見交換する。

 開発中のこの播種機は、トラクタ搭載型の作業機で、従来の播種機では困難であった稲乾田直播での複数粒の高速点播が可能。稲の他に麦、大豆、トウモロコシ、ソルガム等幅広い作物の播種も可能で、さらに不耕起栽培でも使用できるというもの。
 作業速度は、稲、麦、そばでは従来のディスク式不耕起播種機の約2倍となる5~10km/hでの高速播種が可能だという。
 この開発機を利用することで作業コストの低減が図られ、規模拡大や複合経営に貢献できると考えられている。
 そこで10月26日に現地検討会を開催し、生産者や関係者と意見交換をすることにし、平成31年の実用化を目指していくことにしている。


【現地検討会の概要】
開発機(施肥ユニット付き)の外観○開催日時:10月26日(木)13:10―16:30
○開催場所
 ★講演会:岩瀬中央公民館 2階会議室
      (13:10~15:00)
      茨城県桜川市東桜川1-21-1
      TEL:0296-75-0344(代表)
 ★実演会:実演会会場(有)イワセアグリセンター圃場
      (15:30―16:20)
      茨城県桜川市富谷
 ★要領及び交通案内など詳細は、新農機(株)ホームページを
http://www.shinnouki.co.jp/
○参加申込締切日:10月20日(金)
 参加申込み・問い合わせ:新農機(株)業務部 行本、金光
Tel:03-6206-0681
Fax: 03-6206-0682
E-mail: shinnouki@gol.com
ホームページhttp://www.shinnouki.co.jp/
ホームページの参加申込票(Word・PDFファイル)に記入のうえ、E-mailもしくはFAXにて申し込む。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る