左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アジア最大級の国際食品工業展FOOMA JAPAN2018が開催へ2018年5月24日

一覧へ

・史上最多の798社が出展

 日本食品機械工業会(林孝司会長)は5月22日、来月開催のアジア最大級の「食の技術」の総合トレードショー「FOOMA JAPAN2018 国際食品工業展」についての概要を発表した。

国際食品工業展 10万人を超える来場者があった昨年の工業展 41回目を迎える今回は「食の技術は無限大」がテーマ。史上最多の798社(前年比プラス9社で、新規出展は49社)が出展。食品機械の最先端技術や製品、サービスなどを通して「食の技術が拓く豊かな未来」を提案する。各ブース内では、食品製造や加工機械を中心に原料処理から包装、物流まで、食品製造プロセスの自動化や効率化、省力化についての最新技術を紹介する。
 また高品質化を図る最新鋭の製品やロボットなどの最先端技術、ビッグデータを活用した品質管理、IoT活用の効率的な生産システムなども展示する。関心の高い衛生対策については、新設の「衛生対策製品紹介プラスコーナー」を通して多くの情報を発信する。
 さらに国際化への取り組みとして、日本貿易振興機構(JETRO)がASEAN諸国を中心とする海外からバイヤーを招聘し「JETRO商談会 in FOOMA JAPAN」を開催する。また例年好評の各大学や研究機関、学会による研究発表、セミナー、シンポジウムも多数開く。昨年は10万人を超える来場があった。

 

国際食品工業展FOOMA JAPAN2018 実機のデモンストレーションを見学する来場者(昨年会場から)

(写真)実機のデモンストレーションを見学する来場者(昨年会場から)

 

 工業展の概要は次の通り。

○会期:6月12日から15日までの4日間、時間は午前10時から午後5時まで
○会場:東京ビッグサイト東展示場
○主催:日本食品機械工業会
○後援:農林水産省、経済産業省、厚生労働省、東京都、JETRO
○公式サイト:FOOMA JAPAN 2018 一般社団法人 日本食品機械工業会主催

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
クミアイ化学右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る