農機・資材 ニュース詳細

2019.04.18 
農業機械技術クラスターに4課題を追加一覧へ

 農研機構農業技術革新工学研究センターは、農業機械技術クラスターの実施課題に4課題を追加し、2019年度は13課題を実施。地域農業の機械化を支援する課題を中心に次世代技術の実用化をめざす。

 同センターでは、研究推進に当たり、行政、異分野を含む民間企業、生産者や指導機関の意見を反映しうる仕組みとして「農業機械技術クラスター」を2018年4月に設立し、関係機関との連携を密にして業務を遂行する体制を整えた。
 同技術クラスターで扱う研究課題は、
(1)地域農業機械化支援タイプ(地域固有の農業機械開発に対応するための共同研究)
(2)革新コア技術実用化タイプ(野菜・果樹等民間における開発を一層強化するための革新的な実用化技術の共同研究)
(3)次世代革新基盤技術タイプ(次世代の革新的な機械・装置の萌芽となる基本・基盤技術の共同研究)の3つに分類して実施している。
 今回、研究課題として選定、開始されたのは、「りんご黒星病発生低減のための落葉収集機の開発」「落花生用自走式拾い上げ脱莢機の開発」「ハクサイ頭部結束機の開発」「ISOBUSに対応した作業機ECUの開発」の4件。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ