農機・資材 ニュース詳細

2019.05.08 
今年の夏は「フラワーカーテン」で涼しく節電一覧へ

 タキイ種苗は、夏の窓辺を涼しく演出する「フラワーカーテン」に最適な3品種を提案している。

 部屋に差し込む日差しを遮り、室内の温度上昇を抑えることから省エネ効果が期待できるグリーンカーテン。中でも生育の早いゴーヤなど野菜のグリーンカーテンは、収穫して食べられるというメリットで人気だが、家庭で食べきれないほどの収穫量に困ってしまうこともある。そこで、同社が勧めるのが花で作った「フラワーカーテン」。直射日光もしっかり遮り、豊富な種類から好みの花でカーテンを楽しめる。

フラワーカーテン イメージ図 

 おすすめは、カラフルでトロピカルな花色が魅力の「ツンベルギア」や、涼しげな浴衣を思わせる清楚な花を咲かせる「アサリナ」、秋には真っ赤な実が成る「トケイソウ」の3品種。いずれも6月ごろまでに苗から植え付ければ、本格的な暑さを迎える頃にはしっかりと茂るという。鑑賞は11月ごろまで。

カラフルでトロピカルな花色が魅力の「ツンベルギア」涼しげな浴衣を思わせる清楚な花を咲かせる「アサリナ」秋に真っ赤な実が成る「トケイソウ」

左から「ツンベルギア」「アサリナ」「トケイソウ」

 

 通販の販売価格は、「ツンベルギアとジャングルビート3色セット」(ホワイト、レモン、オレンジ3種各2本、計6本)がセットで2220円。「トケイソウとピッコロッソ」は3本1組で1950円。「アサリナ」は、藤すだれ、雪すだれ、桃すだれ、涼すだれの各種1組(3本)で1350円。全て9センチポット苗、税込価格。その他、ホームセンターや園芸店ではオープン価格。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ