農機・資材 ニュース詳細

2019.05.17 
ウィルス、菌、カビを抑制する国産ワークブーツ アキレス一覧へ

 アキレス(東京都新宿区)は、抗ウイルス性能を持つインジェクション製法によるワークブーツを5月中旬から発売する。

 目に見えなくても一年を通して生活環境のあらゆる場所に潜むインフルエンザやノロウイルスなどのウイルス。感染が集中する冬場だけでなく、常に増殖の危険性があるため、農作業や食品加工業の現場では特に衛生管理が必要だ。
 新商品の業務用ブーツ「OSM 5000」は、抗ウイルス効果のある特殊薬剤をPVC(塩化ビニール)に練りこんで成型した足元からの感染や増殖にに備えるブーツ。抗ウイルス性試験では、表面に付着した代表的なウイルスが24時間後には99%以上低減したという。
 金属モールドの組み合わせによってできる空洞部に合成樹脂を注入して成型するインジェクション製法で作られており、底はがれや形くずれしにくい。同社のワークブーツブランド「ワークマスター」の製品で、履き心地、耐久性、コストパフォーマンスに優れたプロ仕様の国産ブーツだ。
 本体カラーは白、ソールは茶色。22から30㎝(27㎝からハーフサイズなし、2E)。
 卸売専門店および有名ECサイト、アキレスウェブショップにて5月中旬より発売。5800円(税別)。

 

抗ウイルス性能を持つ国産インジェクションブーツ アキレス抗ウイルス性能を持つ国産インジェクションブーツ

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ