左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

海外ブランド「REACH」に小規模事業者向け籾摺精米プラント発売 サタケ2019年9月4日

一覧へ

 サタケ(広島県東広島市子)は9月4日、海外事業ブランド「REACH」の新製品「SYSTEM 3.0」を発売した。アジアおよびアフリカ地域を中心に、新規参入や小規模事業者向けに訴求する。

籾摺精米プラント「REACH SYSTEM 3.0」小規模事業者向けの籾摺精米プラント「REACH SYSTEM 3.0」

 「REACH」は、主に海外のミドル層を対象とした事業ブランド。2019年3月に第一弾として、時間あたり7トン処理できる籾摺精米プラント「SYSTEM 7.0」を発売した。
 「SYSTEM 3.0」は「SYSTEM 7.0」の設計思想を踏襲し、時間あたりの処理量を3トン(籾)に小型化したもの。価格を中・小事業者に手が届きやすい約5000万円(従来商品の約1/2)に設定し、同ブランドのエントリーモデルと位置付けている。
 プラントをタイの同社生産工場でユニット化し、設置現場で組み立てるプレハブ工法を採用することで、製品価格を抑えながら施工期間(据付工事期間)を従来の3~4か月から約2週間に短縮。工事にかかる人件費などの初期コスト低減、顧客が短期間に操業できる。 東南アジアなどの二期作・三期作の地域では次のコメ収穫期までに新設備を稼働できるため、早期の初期投資回収に結びつけることができる。
 同社は、「SYSTEM 3.0」の投入で「REACH」ブランドの製品を増強し、アジアやアフリカ地域を中心に、年間1~2万トンを精米する小規模事業者や新規参入事業者に向け販売促進を進めるという。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る