想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「光学式粒状物選別機」で中国地方発明表彰を受賞 サタケ2019年11月5日

一覧へ

 令和元年度中国地方発明表彰の表彰式が10月25日、広島ガーデンパレスで行われ「光学式粒状物選別機の検量線自動設定システム」を発明(特許登録)したサタケの社員4人が特許庁長官賞を受賞した。また、同発明の実施化に顕著な功績があったと認められる法人の代表者として、佐竹利子代表が実施功績賞を受賞した。

「光学式粒状物選別機」で中国地方発明表彰

左から、特許庁長官賞を受賞した技術本部制御開発グループ長の原正純氏、同本部選別・計測グループ選別チーム主査の立石芳和氏、同主事の宮本知幸氏、同制御開発チーム主事の石津任章氏


 表彰の対象になった特許(特許第6152845号)は、米・麦などの穀粒や樹脂ペレットなどの粒状物を良品と不良品とに判別、あるいは粒状物に混入する異物を判別し、噴風により吹き飛ばして除去する光学式粒状物選別機の、不良品や異物の選別基準を自動設定する機能に関するもの。食の安全・安心やプラスチックリサイクルの推進に貢献する技術で、サタケの多用途光選別機「BELTUZA」シリーズや「ピカ選α PLUS」シリーズに採用されている。
 同表彰は、(公社)発明協会が主催。各地方での発明の奨励・育成を図り、科学技術の向上と地域産業の振興に寄与することを目的に、大正10年に創設された。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る