農機・資材 ニュース詳細

2020.02.12 
中規模向けにんじん収穫機が新登場 井関農機一覧へ

 井関農機は、中規模生産者向けのにんじん収穫機VHC1120シリーズをモデルチェンジし、より仕上がり性能や使いやすさが向上した新モデルVHC114シリーズを発売した。

フレコンバックと自動車体水平機能を搭載した「VHC114RF」フレコンバックと自動車体水平機能を搭載した「VHC114RF」

 VHC114シリーズは、堀り取り速度や使いやすさを向上する新機能を搭載。従来シリーズで好評の手動車体水平補正機能に自動モードを追加した。

 機体を自動で水平に保てるため高精度な掘り取り作業が安定的に行え、作業する人はハンドルやレバー操作に専念できる。

 また、マルチパワーステアリングの採用により、従来の十字操舵に加え、斜め方向にも操舵できるため、より操作性が向上。掘り取り速度も現行機比11%の0.94m/sに向上し、広い収穫面積でも高い能率で作業できるようになった。さらに、現行機では機体前方側のみにあったフレコンバックの荷下ろしが機体の後方側へもできるようになり使い勝手が向上した。

 販売目標台数は年間120台。VHC114S(野菜コンテナ搭載)、VHC114R(野菜コンテナ搭載、自動車体水平機能)、VHC114RF(200kgフレコンバック、自動車体水平機能)の3型式を発売。

 希望小売価格は、334万4000円~368万5000円(消費税込)。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ