左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「国際農業電子財団」コアメンバーに 日本企業初選出 クボタ2020年2月21日

一覧へ

 クボタ(大阪市浪速区)は2月20日、国際農業電子財団 (AEF)のコアメンバーに日本の農業機械メーカーとして初めて選出されたことを発表した。

 AEFは、農業機械の技術革新と電子化プロセスの標準化を目的とする国際団体。メーカーの枠を超えて、農業機械の電動化、電子制御に関するプラットフォームを構築することを目的とし、2008年にグローバルに事業展開する農機メーカー7社によって設立された。現在、11社のコアメンバーと約200社のゼネラルメンバーから構成されている。

 これまでは、クボタグループのクバンランド社が設立当初からコアメンバーとして参画していたが、クボタが昨年7月に欧州イノベーションセンターを設立し、他社とのパートナーシップ強化を推進するなか、クバンランド社に代わってコアメンバーに入った。

 クバンランド社は、トラクタから動力を受けてさまざまな農作業を行う「インプルメント」の専業メーカー。2012年からクボタグループの傘下にあり、農業機械の国際通信規格ISOBUSを開発し、長年にわたり農業機械の進歩に貢献している。

 AEFのコアメンバーになることについて同社広報部は、「今後、様々な規格の策定に主導的に関与できる立場になり、欧州を中心とする最新の業界の動向を把握することが可能になる」と話している。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る