農機・資材 ニュース詳細

2020.02.21 
人工筋肉を使用した外骨格型アシストスーツで世界初 マッスルスーツ EveryがISO認証取得 イノフィス一覧へ

 東京理科大学発のベンチャー企業、イノフィス(東京都新宿区)は2月20日、昨年11月に発売した「マッスルスーツ Every(エブリィ)」がパーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する国際規格ISO 13482に基づく認証を取得したと発表した。

証書授与式で証書を手にするイノフィスの古川尚史社長(写真中央)とJQA理事の浅田純男氏。左は同社取締役技術最高責任者の小林宏氏証書授与式で証書を手にするイノフィスの古川尚史社長(写真中央)と
JQA理事の浅田純男氏。左は同社取締役技術最高責任者の小林宏氏


「イノフィスEvery」 今回、認証を取得したISO 13482は、2014年に国際標準化機構(ISO)が発行した、パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する唯一の国際規格。第三者認証機関である日本品質保証機構(JQA)が、国際規格による安全要求を満たしていることを証明した。

 マッスルスーツEveryは、空気圧で稼働する人工筋肉のはたらきで動作を補助する装着型の作業支援ロボット(アシストスーツ)。人を抱え上げる、重い物を持ち上げる、中腰姿勢を保つなどの作業時に腰の負担を低減し、労働環境改善や人手不足対策に貢献する。
 電力を使わないため稼働時間の制限はなく、水場や屋外での利用など場所も選ばない。

 重量は3.8kgで同社が展開するマッスルスーツシリーズの中で最軽量。価格は個人でも購入しやすいようアシストスーツ市場では低価格な13万6000円(税抜)に設定している。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ