左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

人工筋肉を使用した外骨格型アシストスーツで世界初 マッスルスーツ EveryがISO認証取得 イノフィス2020年2月21日

一覧へ

 東京理科大学発のベンチャー企業、イノフィス(東京都新宿区)は2月20日、昨年11月に発売した「マッスルスーツ Every(エブリィ)」がパーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する国際規格ISO 13482に基づく認証を取得したと発表した。

証書授与式で証書を手にするイノフィスの古川尚史社長(写真中央)とJQA理事の浅田純男氏。左は同社取締役技術最高責任者の小林宏氏証書授与式で証書を手にするイノフィスの古川尚史社長(写真中央)と
JQA理事の浅田純男氏。左は同社取締役技術最高責任者の小林宏氏


「イノフィスEvery」 今回、認証を取得したISO 13482は、2014年に国際標準化機構(ISO)が発行した、パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する唯一の国際規格。第三者認証機関である日本品質保証機構(JQA)が、国際規格による安全要求を満たしていることを証明した。

 マッスルスーツEveryは、空気圧で稼働する人工筋肉のはたらきで動作を補助する装着型の作業支援ロボット(アシストスーツ)。人を抱え上げる、重い物を持ち上げる、中腰姿勢を保つなどの作業時に腰の負担を低減し、労働環境改善や人手不足対策に貢献する。
 電力を使わないため稼働時間の制限はなく、水場や屋外での利用など場所も選ばない。

 重量は3.8kgで同社が展開するマッスルスーツシリーズの中で最軽量。価格は個人でも購入しやすいようアシストスーツ市場では低価格な13万6000円(税抜)に設定している。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る