農機・資材 ニュース詳細

2020.03.18 
マイクロソフトと戦略的提携を発表 クボタ一覧へ

 クボタとマイクロソフトは3月17日、複数年にわたる戦略的提携を発表した。クボタのデジタルトランスフォーメーションの推進に向けて、ITインフラやSAPなどの基幹システムを「Microsoft Azure」を基盤とするクラウドプラットフォームに移行する。

 クボタは、Microsoft Azureを標準基盤にすることで業務を合理化し、イノベーションを加速させ、ソリューション提供型のビジネスへの移行をめざす。また、世界各地のニーズに応じた農業機械を通じ、増大する食料需要に応える。水環境分野では、水道管から水処理施設に至るまで豊富な製品群でトータルソリューションを提案していく。

 さらに、両者は提携を機に、新たに「AI Machine Learning Labプロジェクト」を立ち上げる。同プロジェクトでクボタは、AIソリューションを開発する新たな技術者の育成や社内の業務革新、食料・水・環境分野における新サービスを構築。一方、マイクロソフトは、Azure Machine Learningで提供する広範な知識と先端技術を活用し、クボタのAIへの取り組みを支援する。

 クボタの北尾裕一社長は「地球規模で広がる課題に対応するにはデジタルトランスフォーメーションが不可欠であり、本提携はその大きな一歩。マイクロソフトとともに、イノベーションの創出と、新たなソリューションとバリューを社会に提供していくことをめざす」と話した。また、マイクロソフトのエグゼクティブバイスプレジデント、ジャドソン・アルソフ氏は、「環境に適合した農業と農業機器のリーダーであるクボタの深い経験とMicrosoft AzureのパワーとそのAI機能を組み合わせることで、地球上に食料を供給し、きれいな水を確保し、持続可能性を促進する新しいイノベーションを実現できる」とコメントしている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ