左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

プリムラ「アプリ」に新色「サクラ」追加 サカタのタネ2020年3月25日

一覧へ

 サカタのタネは、極早生でF1(一代交配種)プリムラ「アプリ」シリーズに、日本人好みの淡いピンク色の新品種「アプリ サクラ」を追加し、種子を5月上旬から生産者向けに販売する。


プリムラ「アプリ サクラ」プリムラ「アプリ サクラ」
 

 プリムラは、12月から2月の花が少ない時期に、赤や紫、黄色、ピンクなど色とりどりの花が楽しめるため、秋冬花壇の定番苗として人気が高い。しかし、生産・流通している品種の多くが固定種で、発芽と生育のそろいなどに課題があった。

 F1品種の「アプリ」シリーズは、高い発芽性、生育のそろい、草姿のまとまりのよさなどが特徴で、高品質な苗の安定出荷が可能。

 生産者からは「生育のそろいがよく、出荷ロス が減った」など高い評価を得ている。
 プリムラのピンク系は人気色の一つで、「アプリ」シリーズにはすでに「アプリ アプリコットシェード」、「同ライトピンクローズアイ」、「同ピンクバイカラー」などピンク系品種を揃えている。

 淡いピンク色の「アプリ サクラ」が加わり、極早生F1プリムラのメインである「アプリ」シリーズとして出荷できるピンク系統が増えた。

 プリムラ「アプリ サクラ」の種子は種苗店、JAなどを通じて販売。希望小売価格は、1000 粒入り袋で3800円(税抜)。

 
プリムラ「アプリ」シリーズの作型図プリムラ「アプリ」シリーズの作型図

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る