左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

土壌改良材「液体たい肥 土いきかえる」など2種発売 環境大善2020年3月27日

一覧へ

 循環型システムの構築をめざす環境大善株式会社(北海道北見市)は3月26日、使い勝手のよい「液体たい肥 土いきかえる」と農業用の土壌改良材「環境大善の木酢液」を発売した。園芸や野菜作りの土台となる土の環境を整え、植物の生育を妨げる害虫トラブルを解消する。

液体たい肥 土いきかえる 同社は、公害の原因となる牛のし尿を微生物発酵の技術により、消臭液や土壌改良材として使える「善玉活性水」を製造している。

 「液体たい肥 土いきかえる」(600ml、1540円)は、この善玉活性水を独自技術で加工製造しており、水に薄めて土にまくだけで、野菜や花が効率よく栄養を吸収できる土壌環境に変える。 単品でも肥料との併用でも使え、有機肥料または化学肥料と合わせて使った時に最も効果を発揮するという。一般的な堆肥と違い、無臭であるため、室内の鉢やプランターにも使用できる。


 一方、「環境大善の木酢液」(20L、8800円)は、国産の杉とヒノキを原料に使った炭焼き窯煙から採取した木酢液。「作物の生理代謝促進」「農薬の効果向上」「害虫からの保護」「土壌微生物の活性化」に優れ、土壌改良剤として使うことができる。また、「液体たい肥 土いきかえる」と合わせて使うことで、肥沃土の高い土壌中の総細菌数を維持する。
 価格はいずれも税込。
 

環境大善の木酢液環境大善の木酢液

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る