Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ミズナ新品種『極早生水天』種子発売 サカタのタネ2020年4月16日

一覧へ

 サカタのタネは、冬場の低温伸長性に優れ、夏場に問題となるフザリウム(萎黄病)に強いミズナの新品種『極早生水天』の種子を生産者向けに発売する。

ミズナ『極早生水天』 ミズナ『極早生水天(ごくわせすいてん)』は、生産現場における冬と夏の課題を解決できる品種。冬場は低温で成長が緩慢になるが、『極早生水天』は低温伸長性に優れ、寒さの厳しい冬でも安定して収穫できる。また、夏場のミズナ栽培ではフザリウムを原因とする萎黄病が問題となっているが、『極早生水天』はフザリウムに強いため、安心して栽培することができる。葉はテリのある緑色、軸は純白で見た目にも優れる品種だ。

 ミズナは鍋や漬物用として古くから京都を中心に活用されてきた野菜だが、サラダなど用途が増え、季節を問わず全国的に消費されるようになった。それに伴い生産も日本各地に広がり、かつ周年化している。

 同社は『「早生水天」を販売し長年好評を得ているが、今回生育の早い「極早生水天」を追加することで、生産者の栽培スケジュールや栽培方法などに合う品種を選択できるようになる。全国化、周年化など多様化するミズナ生産に貢献できることを期待している』と説明している。

 ミズナ『極早生水天』の希望小売価格は1袋20ml入り680円、1袋2dl入り6300円で全国のJA、種苗店を通じて2020年6月下旬から販売開始する。

【問い合わせ先】
野菜統括部
電話:045-945-8802
 

ミズナ『極早生水天』作型図ミズナ『極早生水天』作型図

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

ヤンマーSP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る