左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

カンパニュラ『チャンピオンiQ』種子新発売 サカタのタネ2020年5月28日

一覧へ

サカタのタネは26日、カンパニュラ『チャンピオンiQ』シリーズを開発し、営利生産者向けに種子を発売することを発表した。

カンパニュラ 『チャンピオンiQ』カンパニュラ 『チャンピオンiQ』

同シリーズは切り花用カンパニュラのトップシェア2品種である「チャンピオン」シリーズを改良した品種。

『チャンピオンiQ』シリーズの改良点の1つは「そろい」。プラグ苗を生産する段階でのそろい、生育途中のそろい、開花のそろいを向上させたという。

『チャンピオンiQ』シリーズのもう1つの改良点は「切り花スタイルのよさ」。従来品種と比べて軸をしっかりとさせ、花をより上向きに、花と花の節間が詰まるように改良した。このような切り花スタイルの改良は生産者にとっては秀品生産など、生花店や消費者にとってはアレンジメントがしやすいなどのメリットとなるという。

従来の「チャンピオン」シリーズ同様、花芽分化に低温を必要としない四季咲き性の品種。春出荷のほか初夏出荷や年内出荷が可能で、通常品種より広い作型にも対応できる。

『チャンピオンiQ』シリーズのラインアップは『ディープブルー』『ピンク』『ローズ』『ライラック』の計4色4品種。それぞれの希望小売価格4はペレット種子1000粒入りで6000円(税抜)。

全国のJA、種苗店を通じて2020年6月から発売する。

【問い合わせ先】
花統括部
電話 045-945-8804

カンパニュラ「チャンピオンiQ」作型図カンパニュラ「チャンピオンiQ」作型図

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る