左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アビガン原料となるマロン酸ジエチルの出荷開始ーデンカ2020年6月5日

一覧へ

デンカ(株)は6月1日、新型コロナウイルス感染症の患者を対象とした抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」(一般名:ファビピラビル)の原料となるマロン酸ジエチルを、新潟県糸魚川市の青海工場から出荷開始した。

デンカ青梅工場マロン酸ジエチルは、合成香料・農薬・医薬品などの原料として使用される有機化合物。同社は国内唯一のマロン酸ジエチルメーカーで、原料となるモノクロル酢酸も、同社関連会社のデナック(株)が国内で唯一生産している。

マロン酸ジエチルは、2017年4月まで同工場で生産していたが、今回の事態により設備を再稼働し、5月16日から生産を再開していた。

同社は、政府が決定したアビガンの備蓄量200万人分拡大に向け、原料メーカーとして速やかに供給を行う方針を示していた。さらに、簡易検査キットの一日も早い量産化を目指し、世界中で喫緊の課題となっている新型コロナウイルス感染拡大防止のため、社会的責務を果たしていく考えだ。


写真=デンカ青梅工場

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る