Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

先進農業ビジネス網羅した「2030年のフード&アグリテック」発刊 同文館出版2020年7月8日

一覧へ

同文館出版は、農と食の未来を変える世界の先進ビジネス70件を紹介している「2030年のフード&アグリテック」(A5判232ページ、野村アグリプランニング&アドバイザリー(株)=佐藤光泰・石井佑基共著、税込2530円)を発刊した。

2030年のフード&アグリテック2030年のフード&アグリテック

同書は世界的に成長が著しい「フード&アグリテック」を野村アグリプランニング&アドバイザリー(株)独自の視点で、次世代ファーム、農業ロボット、生産プラットフォーム、流通プラットフォーム、アグリバイオの5分野に区分けし、各分野の市場動向と先進事例、2030年までの市場規模予測と事業展望を示したもの。

第Ⅱ部の先進事例では、世界の先進スタートアップ/企業70社の訪問調査に基づき、会社概要や事業概要、ビジネスモデル図、今後の計画、特徴・イノベーションを各社2ページでまとめている。

海外先進事例では、昨年ナスダック市場に上場した植物肉開発のビヨンド・ミートをはじめ、米国最大規模の農業プラットフォーマーであるFBN、マサチューセッツ工科大学発のゲノム編集スタートアップベンチャーであるギンコ・バイオワークス、世界シェア7割を握るドローンメーカーの中国DJI、中国最大規模の食材ECプラットフォーマー・メイツァイ、イスラエルの収穫ロボットメーカーであるテヴェルなどを取り上げている。

同書では、フード&アグリテックの2019年国内市場規模を2526億円と推計し、2030年には1兆6351億円に拡大すると予想。食に携わる企業関係者をはじめ異業種企業の「新規事業」検討にも役立つ内容となっている。

【2030年のフード&アグリテック】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る