Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

スマートコインロッカー展開のSPACERへ出資 JA三井リース2020年7月9日

一覧へ

JA三井リースは、スマートコインロッカーの製造、販売、運営を行うSPACER(スペースアール)に出資したと発表した。

SPACER スマートコインロッカー概要SPACER スマートコインロッカー概要(クリックで拡大)

SPACERは、「送る、受け取る、予約する」をコンセプトに、予約、キャッシュレス決済ならびに鍵の受け渡し等全てのサービスがスマートフォンで完結する次世代型コインロッカーを開発。従来型の荷物一時預かりロッカーの領域を超えて、トリガーロッカー※としてのコンプライアンス管理、人手不足並びにラストワンマイル問題の解決とWithコロナ時代における非接触・非対面により空間と時間のサービスを提案しているスタートアップ企業。

JA三井リースは、中期経営計画「Real Change 2025」においてDX分野への取組を重点施策の一つとして掲げ、次世代技術を有するスタートアップ企業への出資等により事業を加速する戦略の一環としてSPACERへの出資を決定した。同社は今後もSPACERへのファイナンスサポートにとどまらず、公共交通機関、商業施設、物流施設等のヒトとモノが行き交う好立地にスマートコインロッカーを配置する等の営業協力を行い、同社の事業拡大に貢献していくという。

※人の行動やロッカーの開閉等の特定条件をトリガーとし、鍵を自動でスマホ送信し開閉を管理できるロッカー

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る