Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

世界のスマート農業市場、24年には200億ドル規模に Kenneth Research調査2020年7月14日

一覧へ

市場調査を手がけるKenneth Researchは、調査レポート「スマート農業市場:世界的な需要の分析及び機会展望」を発刊した。

世界のスマート農業市場、24年には200億ドル規模に

それによると、グローバルスマート農業市場は、2016~24年の年平均成長率が14.1%で、市場規模は24年までに200億米ドルに達すると推定している。

世界的な食料需要の高まりや技術進歩と人口増加は、スマート農業市場の主要な推進要因。しかし、農村地域における農家の技術的知識の欠如と、スマートデバイスやスマートマシンの高額なコストは、市場の成長を妨げる可能性があると指摘。

また、農家の意識の高まりと新規参入者の増加は、今後数年間でスマート農業市場の成長に弾みをつける可能性があると分析している。

調査レポートは、ソリューション、アプリケーション、地理学の各セグメント別に分析。ソリューションは農業資産管理、ネットワーク管理、ロジスティクスとサプライチェーン管理、監視制御とデータ取得、スマート水管理などに分割している。アプリケーションは、養魚、精密農業、スマートな温室、家畜の監視などに分類した。

世界のスマート農業市場におけるリーディングカンパニーとして、Cisco Systems、Deer、AGCO Corporation、AgJunction、Raven Industries、SST Development Group、Hexagon AB、Trimble Navigation、Iterisなどを列挙している。

【レポートのサンプル】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る