想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

青果分野のデータ垂直統合しサプライチェーンを最適化 DATAFLUCT2020年7月28日

一覧へ

データビジネスベンチャーの(株)DATAFLUCTは、青果分野における生産から出荷、流通、加工・販売、消費までをビッグデータの活用によって垂直統合し、未来予測によって最適化を実現するサプライチェーン構築支援サービス「データフラクトフードサプライチェーン」を、7月22日から提供開始した。

AIによるキャベツの市場価格予測グラフ(ツール使用時のイメージ図)AIによるキャベツの市場価格予測グラフ(ツール使用時のイメージ図)

現在日本では、あらゆる産業において業務効率化と新たなビジネスの創出を目指したDX(デジタルトランスフォーメーション)が進行。生鮮領域でも、サプライチェーン上の物流コストや在庫ロス、人件費の削減などの課題を解決するためDXの推進が求められている。

しかし、生産、出荷、流通、加工・販売、消費などの商流・物流が多岐にわたるため、生産管理や原材料の調達、在庫管理、販売を統合した計画立案は容易でなかった。

生鮮三品(青果、鮮魚、精肉)のなかでも、青果物は物流におけるプレーヤーが多く、個々に新しい仕組みを導入する難易度が高い分野。また、青果物の価格変動が大きいため最適化が難しく、保管期間が短く在庫管理も容易でないうえ、データが多岐にわたり取得すべきものの見極めが困難で、サプライチェーンマネジメントのDXは進展していないのが実情。

さらに、DXは領域を横断するデータを収集・整理し、データを読み解き高度な分析をする開発力、それらをビジネスに活かす力が必要であり、1社単独で実行するのは非常に困難とされる。

こうしたなかで同社は、食のサプライチェーンを支援するサービスとして農地の衛星画像や気象データ、価格データを人工知能(AI)で解析し、原料調達にかかわる収穫量や収穫日、市場取引価格を予測するサービス、店舗のPOSデータや気象・人流などの外部データの活用により、精度の高い需要予測モデルを構築し食品廃棄ロス削減に貢献するAIサービス、売上管理や予約管理、発注手続きなど、サービス業における作業の自動化を補助するチャットボットサービスを提供してきた。

今回、同社がこれまで展開してきたサービスで蓄積されたデータと、異なる業種の企業内に留まったままのデータを組み合わせるデータレイク構築技術や知見などの活用により、青果物のサプライチェーンのDX推進に貢献するため、新たに「データフラクトフードサプライチェーン」を提供することにした。

新サービスは、分断管理されている生産から出荷、流通、加工・販売、消費までの商流・物流におけるデータを垂直統合し、未来予測によって青果物のサプライチェーンの再構築を支援するもの。これにより、適切な範囲での生産量や在庫量の実現、ルートや調達コストの最適化を実現し、利益の最大化に貢献する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る