Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新産業用ドローンを開発 (株)エアロセンス 精密農業も効率的に2020年8月7日

一覧へ

ドローンの自社開発などを手がけるエアロセンス株式会社(東京都文京区、佐部浩太郎代表取締役)は8月6日、精密農業ににも使える新産業用ドローンを開発、近く販売を開始すると発表した。

固定翼産業用ドローン(AS‐VT01)固定翼産業用ドローン(AS‐VT01)

新たに開発したのは測量・点検・物資輸送などでの活躍を狙う固定翼産業用ドローン(AS‐VT01)。1kgまでの荷物を搭載して垂直離着陸を行い、最大時速100kmで50km飛行でき、自社で培った独自技術を数多く搭載している。

用途として想定する作業には、土木事業における測量や設備の保守・点検のほか、「精密農業」も含まれており、大規模な農場で土壌の特徴や作物の成長のばらつきを把握したりする作業が効率的に行えるようになるとしている。

同社の従来機より燃費効率に優れるだけでなく、これまで培った垂直離着陸技術を組み込むことで、固定翼機の高速性に加え、狭い場所や不整地など離着陸場所を選ばない性能を兼ね備えたのが特徴。あらゆる場面での用途に対応できるとしている。

10月から販売を開始する本機(機体のみ。カメラ、操作端末PC、プロポ、バッテリー、収納ケース別途)の価格は消費税込みで550万円。

【エアロセンス】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る